スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

「初期設定の塗りと線」の色が白と黒にならない

ツールボックスの下にはオブジェクトの塗りと線の色を「初期設定の塗りと線」にするための小さいボタンがある。

[画像: 初期設定の塗りと線]

通常これをクリックすると、塗りが白(CMYKモード時にはC:0,M:0,Y:0,K:0、RGBモード時にはR:255,G:255,B:255)線が黒(CMYKモード時にはC:0,M:0,Y:0,K:100、RGBモード時にはR:0,G:0,B:0)になるのだが、この色がずれることがある。例えばファイルはRGBモードで黒R:0,G:0,B:0のはずなのにR:34,G:24,B:21になったり、ファイルはCMYKモードで黒C:0,M:0,Y:0,K:100のはずなのにC:92.97,M:87.97,Y:89.02,K:80になったりする。

[画像: RGBモードなのに…] [画像: CMYKモードなのに…]

ファイルのカラーモードと違うカラーモードのパレット・パネルを見ているとそうなることがあるが、それは換算だからそういうもの。それではなく、ファイルのカラーモードとパレット・パネルのカラーモードは同じなのにという場合の話。

これは[ファイル>ドキュメントのカラーモード](v10以前は[書類のカラーモード])で、後からファイルのカラーモードを変更した場合に起こる。
グラフィックスタイルパレット・パネル(v10以前はスタイルパレット)の「初期設定」も同じ。
続きを読む
スポンサーサイト
2010/09/19 ( Sun )  16:33:54 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。