スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

ワインディング規則と奇偶規則、パスファインダ「分割」との関連

前回に引き続き属性のワインディング規則と奇偶規則の話。今回はパスファインダ「分割」との関連。
続きを読む
スポンサーサイト
2008/09/06 ( Sat )  23:58:41 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

任意の形で線を切り抜く

面を任意の形で切り抜くのは、パスファインダで簡単に出来る。しかし、線を任意の形で切り抜くのはちょっと手をかけないと出来ない。

パスファインダには「アウトライン」というのがあり、これを適用すると、線と線の交点でパスが分割される。これを使えば、線で線を切り抜くことは出来るのだが、色が解除されてなくなってしまうため、必要な部分と不必要な部分を分けるのが手作業になる。入り組んでいると大変。でも、この選択作業が簡単になる方法があるので、メモ。
続きを読む
2008/07/20 ( Sun )  14:45:00 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

メッシュツール→普通のパス

メッシュツールで加工した物を普通のパスにする。

普通のパスオブジェクトをメッシュツールでクリックすると、メッシュオブジェクトになって、メッシュ独特の単なるグラデーションとは違う複雑な色をつけられるようになるが、“やっぱやーめた”と思ったとき、直前なら戻ることも出来るけど、一度保存して閉じていたりしたときの話。

10のヘルプには「メッシュオブジェクトに変換すると、パスオブジェクトに戻すことはできません。」とある。
CS2のヘルプには「メッシュオブジェクトをパスオブジェクトに戻すには、メッシュオブジェクトを選択し、オブジェクト/パス/パスのオフセットを選択してから、「オフセット」値に 0 を入力します。」とある。

色のない外形だけなら、10でもCS2でも取り出せる。
続きを読む
2007/09/17 ( Mon )  13:25:50 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

刈り込みと合流、アウトライン

いくつかのオブジェクトを重ねて作ったもののアウトライン線を作る方法。全部選んで塗り白、線黒にすれば見た目はいいけど、隠れている線を消したり、重なっている線は1本にしたい場合。

  1. まず線が混じっていたら、面データに分解。

  2. 選択→パスファインダの「刈り込み」→ パスファインダの「アウトライン」。

    同色同士の境界線もいらないのなら、
    選択→パスファインダの「合流」→ パスファインダの「アウトライン」。

  3. 必要なら最後にグループ解除。

刈り込みと合流の違いは、重なっている同じ色が1つになるかどうか。隠れている部分を消したいだけなら、最後の「アウトライン」は不要。

20070915_2
(Illustrator 10.0.3)
2007/09/15 ( Sat )  17:05:59 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。