スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

Illustrator CS5の矢印と、CS4までの矢印

CS5で“機能強化”された矢印について。
CS5では矢印は「線」パネルで設定するようになった。「効果」メニューからは外されている。

CS5の矢印はWebでも既にあちこちのページで紹介されているが、

  • 矢印の種類が増えた。
  • 線の先端に鏃を合わせられるようになった。
  • 始点と終点の大きさも個別に設定できるようになった(CS4までもアピアランスで線を増やせばできたのだけど、単純ではなかったし)。
  • 始点と終点の形を入れ替えるのもボタンひとつ。(パスそのものの向きは変更されない)

さらに、

  • 自分的にネックになっていたオーバープリントの問題 ― 線にオーバープリント設定をしても鏃には反映されず、アピアランス分割して対応するか透明機能で代用するしかなかった ― も解決している。
  • オリジナルの形状を作って追加するのも可能になった。追加するとプルダウンから選べるようになり、その形状を使って作ったファイルを別のPC(もちろん同じ形は追加していない)で開いても問題なく使える。(登録していないPCではプルダウンには表示されないけど、アピアランスのままだし、分割もできる。アピアランスをコピーして使いまわすのは可能。)

後半2項目はかなり嬉しい。オリジナルの形状はブラシでもできるから前からできたのではって? いえいえ、オーバープリントはONで登録すれば常にON状態だし、OFFで登録すると常にOFFだけど、CS5の矢印は違う。それぞれの線のオーバープリント設定と連動してくれるのだ。もちろん線の端に始点を合わせる等、CS5矢印の便利な特徴も使える。
続きを読む
スポンサーサイト
2010/08/22 ( Sun )  20:49:19 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。