FC2ブログ

Bridgeでaiファイルを見る時のサムネール表示

Adobe BridgeでIllustratorのaiファイルを見る時のサムネールの表示が、オブジェクトの範囲になるか、アートボードの範囲になるかは、保存時にPDF互換ファイルを作成にチェックしておくかおかないか。

保存時にPDF互換ファイルを作成にチェックしておくと、PDFも一緒に保存されるから…というのが理由であるという確信はないが、PDFがあればPDFの見た目、つまりアートボードの範囲でプレビューされ、PDF互換ファイルを作成にチェックしてなければデータの存在範囲をプレビューする…みたいだが、IllustratorCS2のaiデータをBrCS3で見たときだけはPDF互換にチェックしてあってもオブジェクト存在範囲でプレビューは作成されるみたい。BrCS3が悪いのかIllustratorCS2が悪いのかそういう仕様なのかは不明。ちなみにv10のファイルは保存時にPDF互換ファイルを作成にチェックしていないとサムネール表示にならない。(「このファイルは、PDF の内容を含めずに保存した Adobe Illustrator ファイルです。...」の文字(またはそのイメージ)が表示される。)

(XP,Vista CS2,CS3,CS4)
スポンサーサイト



2008/12/21 ( Sun )  02:57:10 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |