スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

アウトライン化した文字が太るのは

Illustratorでアウトライン化した文字が出力などで太るのは、PostScriptの描画形式では輪郭線上のドットをすべて塗りつぶすからで、アウトライン化していない文字は輪郭線上は塗りつぶさんからで、解像度600dpi程度のプリンターだとその差が見えちゃうけど、印刷用にRIP処理してセッターから出す場合にはと2400dpiとか3000dpiだからその差がわかんないとかなんとかとか。

参考>
未来が見えるDTP進化論「第3回」
http://contents.ga-city.com/PDF_mirai/dtp03.html

まあ、理屈が分かろうがなんだろうが、アウトライン化したものをインクジェット出力すると太るんだから困るのは困るで一緒なのだけど。
続きを読む
スポンサーサイト
2007/11/21 ( Wed )  23:27:30 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

プリフライトチェックとは

プレフライト、プリフライト、プレフライトチェック、プリフライトチェック、フライトチェックとも言われる。
DTPデータを、実際の出力の前にチェックする作業のこと。
フォントと画像の状態などが印刷ルールに則った状態になっているか、このまま印刷物を刷る工程に進めて良いか、などをチェック。
続きを読む
2007/11/08 ( Thu )  21:00:07 | その他/URLめも | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

印刷の台数の数え方

印刷で「台」と言ってもイマイチどう数えるのかが恥ずかしながら曖昧だったのだけど、今日はっきりしたのでメモ。

・刷る時 → 版数(色数)=台数

・加工時 → 種類(裏表で1組)=台数


印刷を刷る時の「台数」はそのまま版の数。
ex:片面に2面付けしてある2色刷りだったら2版必要なので2台、裏表4色刷りのものが2種類あれば4色×裏表2×2種類で16版必要なので16台。

刷ってしまった後、断裁・製本したり、折ったりなどの加工段階では裏表刷ってあろうが、片面1色だろうが、それぞれが1台。
ex:片面に2面付けしてある2色刷りだったら1台、裏表4色刷りのものが2種類あれば2台。

20071010_daisu.gif


つまり工程によって同じものだけど台数が変わるらしいです。
2007/10/10 ( Wed )  19:32:00 | 印刷 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。