スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

画像のサイズ計算 pixelからmm

画像が任意の解像度の時、何mmになるのかを計算する。ついでに大きさ比較用のプレビューもする。

持っている、あるいは受取った画像(写真が圧倒的に多数)が、印刷しても問題ない解像度で配置できるかを確認するのが主な目的。前エントリーでmm→pixel→mmの計算ができるのを作ったけど、最初がpixelなのも欲しいなと思ったので。もちろん計算しなくてもIllustratorなどに配置すれば分かるけど、イチイチ起動させて配置してサイズ変えて確認するの面倒…。(Illustratorでは解像度を指定して変形はできない、というか元々画像側で解像度は持たせておいて配置するのが普通だし。)
続きを読む
スポンサーサイト
2010/11/23 ( Tue )  23:47:01 | 計算 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

画像のサイズ計算

画像を作る時に、目標のサイズの画像を作ると実際どのくらいのピクセル数になるのか、その画像が結果的には何mmになるのかを計算する。

例えば、55×91mmで360dpiの画像を作ると780×1290pxになるが、それをIllustratorに配置すると約55.033×91.017mmになる。この場合0.033mmと0.017mmの誤差が出るのだが、それは、55×91mmで360dpiだと計算上は779.527…×1289.763…pxとなるが、実際には画像のピクセル数は半端にはできず丸められた整数になるため生じるずれ。目標のサイズと解像度から、画像のピクセル数とそこから算出される実寸を計算するのが目的。ついでに解像度ごとの1pxのサイズも表示。 Photoshopで、イメージメニューから画像解像度を変更するウインドウを出せばmmからpxの換算やその逆も分かるけど、イチイチPhotoshop起動させるのも面倒だし、一気に計算できるようなのがよかったので作ってみた。
続きを読む
2010/11/14 ( Sun )  21:34:45 | 計算 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。