スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

印刷の台数の数え方

印刷で「台」と言ってもイマイチどう数えるのかが恥ずかしながら曖昧だったのだけど、今日はっきりしたのでメモ。

・刷る時 → 版数(色数)=台数

・加工時 → 種類(裏表で1組)=台数


印刷を刷る時の「台数」はそのまま版の数。
ex:片面に2面付けしてある2色刷りだったら2版必要なので2台、裏表4色刷りのものが2種類あれば4色×裏表2×2種類で16版必要なので16台。

刷ってしまった後、断裁・製本したり、折ったりなどの加工段階では裏表刷ってあろうが、片面1色だろうが、それぞれが1台。
ex:片面に2面付けしてある2色刷りだったら1台、裏表4色刷りのものが2種類あれば2台。

20071010_daisu.gif


つまり工程によって同じものだけど台数が変わるらしいです。
2007/10/10 ( Wed )  19:32:00 | 印刷 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プリフライトチェックとは | ホーム | Acrobat以外のPDF作成ソフト>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/10-ea25d321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。