スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

サブレイヤーの困ったところ

レイヤーパレットのメニューにある「コピー元のレイヤーにペースト」オプションはよく使うというか、常にチェックが付いている。チェックしておくと、コピーしたオブジェクトのレイヤーも記憶され、別のレイヤーをアクティブにしていても、貼り付ければ元のレイヤーに貼り付くし、複数のレイヤーのオブジェクトを同時にコピペしてもちゃんとそれぞれのレイヤーに入るし、別のファイルからコピーすれば同じレイヤー名のレイヤーに入るし、その時レイヤーが無ければ自動的に足されるのでいちいちレイヤーをコピーする必要もない。非常に便利。ただ、同じレイヤー名があるとコピー元がドコでも全て上位のレイヤーに入ってしまうので同じ名前のレイヤーを1ファイル内に作らないようには気をつける。

そんなんでレイヤー数50はあたりまえの環境では「コピー元のレイヤーにペースト」オプションが必須なのだが、サブレイヤーは困ったやつだ。
なぜならサブレイヤーがあると、勝手にレイヤーが増えるから。
困るのだよ、同じ名前のレイヤーが勝手にどんどん出来たら。
サブレイヤーの困ったところ ~v10の場合~

サブレイヤーのオブジェクトをコピペすると、サブレイヤーごとコピーされる(サブレイヤー内の全部を選んだ場合)、親レイヤーの中に直接オブジェクトが入る(サブレイヤー内の一部を選んだ場合)ということが起きる。
レイヤーごとコピーされると、同じ名前のサブレイヤーがどんどん出来たり、せっかくレイヤー分けしたはずなのに、そのレイヤーに入らなかったり。同じファイルの中でも、違うファイルから持ってきても。Alt押しながらのコピーは問題ないけど、作業はそれだけで済むはずも無い。データの中身を整理された状態で編集するためにレイヤー分けしているのに、それを乱すのだ。
それに親レイヤーのロックが解除されていると、オブジェクトメニューの[すべてをロック解除]でレイヤーのロックごと解除されるのだ。サブレイヤーはレイヤーじゃないのか?


サブレイヤーの困ったところ ~CS2の場合~

サブレイヤーごとコピーはされなくなったようだ。レイヤーは増えない。よかったーと思ったら、サブレイヤー内の一部を選んでのコピペで、親レイヤーの中に直接オブジェクトが入る挙動は相変わらずだった。オブジェクトメニューの[すべてをロック解除]でレイヤーのロックごと解除されるのも同じ。ダメやん…。

(Illustrator 10.0.3,12.0.1)



-2007.12.20追記-

続編>サブレイヤーの困ったところ その2
2007/11/16 ( Fri )  12:34:11 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アウトライン化した文字が太るのは | ホーム | ロゴやシンボルマークのデータを手に入れる>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/13-bca9750b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。