スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

サブレイヤーの困ったところ その2

サブレイヤーの困ったところ の続編。

サブレイヤーの困ったところを、追加で見つけたのでこれもメモ。何も入っていないサブレイヤーがあると、書類内容を全選択しての文字のアウトライン化が一度に行えない。(v10)
何も入っていない状態の空のサブレイヤーがあると、v10で[Ctrl+A]コマンド、もしくはメニューの[選択>すべて]で全部を選択した場合、空のサブレイヤーも選択しているような状態になる。

レイヤーパレット

レイヤーの右がレイヤー色■で表示される。この空のサブレイヤーも選択しているような状態で[文字>アウトラインを作成]で文字をアウトライン化しようとすると、処理は空のサブレイヤーで止まるようで、この空のサブレイヤーより下にある文字がアウトライン化されない。


[Ctrl+A]で空のサブレイヤーも選択している状態になるのは、サブの上の親レイヤーの中に他にもオブジェクトがある場合で、他に空のサブレイヤーしかなければ親レイヤーごと選択されないので問題ない。親レベルのレイヤーが単に空でも選択されないのでこれも問題ない。また、全体を囲むように選択ツールでドラックしての選択なら、空のサブレイヤーが選択されないので、やはり問題ない。さらに、同じことをv9、CS2で試してみたが空のサブレイヤーは、[Ctrl+A]では選択されないので、エラーも出ない。

 選択ツールで選択した場合↓
レイヤーパレット


空のサブレイヤーも選択している状態で[文字>アウトラインを作成]で文字をアウトライン化しようとすると、この空のサブレイヤーより下にある文字がアウトライン化されない。画像で言えばレイヤー4が空のサブレイヤーで、この場合アウトライン化されないのはレイヤー5の文字。レイヤー6は親レベルのレイヤーなので空だが選択されていない。レイヤー6に文字が入っていればこれもアウトライン化されない。“あれ?残った?”と思って、もう一度[文字>アウトラインを作成]をしようとすると、今度はエラーが出る。

エラーメッセージ

「空でないテキストオブジェクトを選択し、使用中のテキストにはアウトラインデータのあるフォントを使用してください。」このメッセージだと何のことか分からない。何か、どこかに空のテキストオブジェクトがあるのかと思って探してしまう。本当は、確かに空だけど選んでいるのはレイヤーだ。


ちなみに、[Ctrl+A]で全選択すると、空のレイヤーをロックしても非表示にしても選択が解除されない。(オブジェクトか何か入っていれば解除できるのに。)

レイヤーパレット

そして、この状態で[文字>アウトラインを作成]をしようとすると別のエラーがでる。

エラーメッセージ

そもそも普段の作業ではありえない状況に対するエラーメッセージが用意されていることにも驚いた。

(Illustrator 10.0.3)


-2010.9.18追記-

エラーメッセージ「空でないテキストオブジェクトを選択し、使用中のテキストにはアウトラインデータのあるフォントを使用してください。」については下記エントリーへ
関連>文字のアウトライン化時のエラー「空でないテキストオブジェクト~~」
2007/12/13 ( Thu )  12:56:18 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ブドウのイラストに疑問 | ホーム | Illustratorファイルの関連付けをCS2から10に変更する>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/20-0c87c619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。