スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

効果メニューの矢印とクローズパス

Illustratorのパスにはオープンパスとクローズパスがある。これらのパスに効果メニューの矢印を指定すると、クローズパスの時、終点にある鏃は始点とはアンカーポイント1つ分ずれる。
「矢印にする」の設定は下記。
[説明画像]
[説明画像]オープンパスに適用するとこんな。

でも、これをクローズパスに適用すると下記のようになる。
オープンパスだけに始点終点があるわけではなく、クローズパスにも始点終点はちゃんとある。しかし、クローズパスは始点イコール終点という扱いではないらしい。(ファイルの中身では始点から終点の座標が登録されてクローズかオープンかの区別が書かれていると思うんだけど…?)

下記のパスでは、始点は赤矢印のところ。始点の鏃は始点の位置に表示されるが終点の鏃は1つずれたアンカーポイントに表示される。赤矢印の箇所をはさみツールで切ってオープンパスにすると同じ位置に始点と終点の鏃がくる。
[説明画像]

始点ではなく、終点がずれる証明は下記。オブジェクトメニューからアンカーポイントを増やしてやると、始点は動かないが、終点が増えた分ずれる。
[説明画像]
[説明画像]
[説明画像]
ペンツールで描くと下記。
[説明画像]

ちなみに、フィルタメニューの矢印にするはクローズパスには適用できない。(オープンパスを選択してください。とエラーメッセージがでる。)

Illustratorのv10の書類情報ではパスがオープンかクローズかはわからないので、見た目でパスがオープンパスなのかクローズパスなのか分からない時、それを確認する手段にも使えそう。CS2(CSから?)はドキュメント情報でそれを確認できるのでかまわないが。
[説明画像]
(XP Illustrator 10.0.3)
2008/09/16 ( Tue )  01:12:10 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<効果メニューの矢印の特徴 | ホーム | パスの方向(改)と始点終点>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/40-882f1eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。