スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

テキストにしてしまったパスを元に戻す

テキストツールでパスをクリックすると、パスのラインに沿って文字を並べたり、パスの形状の中に文字を入れたり出来るのだが、時々テキストツールでの作業中にするつもりが無いのにパスをクリックしてしまうことがある。そうするとそのパスはテキストの一部になってしまう。すぐ気づけば戻れるが、後になってから気づくことも。ファイルを閉じていなければ操作を戻り続ければいいかもしれないが、本当に戻れる範囲なのか、戻れたとしてもそこまでの間の作業が無駄になるとか、一度閉じちゃってるから戻れません…、そんな時の話。
ダイレクト選択ツール([画像: 白矢印])またはグループ選択ツール([画像: 白矢印に+])でテキストの一部になってしまったパスを選択。このときパスだけを選ぶ。(テキストも選んでいると、テキストのアンダーラインやIビームが選択色でつくので、これが表示されないように選択。)で、コピー(Ctrl+C)したら、同じ位置にペースト(Ctrl+FまたはCtrl+B)で色の無いパスが張り付くので、元のテキストを削除して新たに貼り付けたパスにもう一度色を設定して完了。(色までは戻せない。)

↓例としてv10での手順
気づいたら、口が無い、とか。
[画像: 口が無い]

全体を選択してみると、テキストになっていることを発見。レイヤーを展開してみると二番目が「<種類>」になっている。v10では空のテキストパスはこのようになる。
[画像: あ、テキストになってる]

パスのみを選択し、コピー(Ctrl+C)する。
[画像: パスのみを選択]

同じ位置にペースト(Ctrl+FまたはCtrl+B)。画像はCtrl+Fの前面にペースト。
[画像: 前面にペースト]

元のテキストのほうを選択し、削除(Delete)。
[画像: 元のテキストを削除]

新しくコピーした色の無いパスを選択して、色を付ける。画像では他の色や線幅に合わせるのにスポイト。
[画像: 色を付ける]


パスの前後関係にはかまわないなら、コピーしたあと元のテキストを削除してからペースト。Ctrl+Fは前面にペースト、Ctrl+Bは背面にペーストなので、コピー元のオブジェクトがあればそのすぐ上か下にペーストされるのでパスの前後関係を調整しなおす手間が無い、という話。

先に元のテキストを削除してからペースト(Ctrl+FまたはCtrl+B)すると、同じ位置に貼り付くけどオブジェクトの順序が変わる。画像はCtrl+Bしたところだが、レイヤーの一番上にペーストされた。
[画像: レイヤーの一番上にペーストされる]


CS2以降では上記手順の他にパスに色を付けてから文字をアウトライン化することでも普通のパスに戻せる。(v10以前は文字が入っていない空のテキストパスはアウトライン化できないし、仮に文字を入れてアウトライン化しても、パスは消えてしまう。)
ダイレクト選択ツール(白矢印)またはグループ選択ツール(白矢印に+)でテキストの一部になってしまったパスだけを選択。色を設定した後、テキスト全体を選択しなおし、文字のアウトラインを作成。グループになっているのでグループ解除で完了。パスに色がないとアウトライン化すればパスは消えるので色を付けるのはアウトライン化の前。

↓例としてCS4で
テキストになってしまったオブジェクトのパス部分だけをダイレクト選択ツールまたはグループ選択ツールで選び、色を付けて、[書式>アウトラインを作成]。
[画像: パスだけを選択]

グループ化されているので、[オブジェクト>グループ解除]。
[画像: グループ化されている]



パスに戻さないままだとどうなるか

テキストのままでもパスだけ選べば色は付く↓。
[画像: テキストのままでもパスだけ選べば色は付く]

しかし、このテキストオブジェクト全体を選択したときにはツールボックスに表示される色は文字の色(この場合は黒)になっているし、パスの形以外のIビームも選択色になるのでうるさいし、選択メニューからの同色選択ではv10以前なら他の同じ色の線と一緒に選択されないし、CS2以降なら同色で選択されるのだけどツールボックスの塗りと線の色が?になるし、文字オブジェクトとして選択されてしまうし([選択>オブジェクト>テキストオブジェクト]で選択される)、パスだけに色があっても文字が無いと余分なポイントとして選択されたり削除されたりする。という具合に色々不都合があり次のミスにもつながるので、気づいたらちゃんとパスにしておく。

テキストオブジェクト全体を選択したときにはツールボックスに表示される色は文字の色(この場合は黒)になっている↓
[画像: 色は文字の色]

※MacならCtrlをCommandと読み替え。
(XP Illustrator 10.0.3,12.0.1,13.0.3,14.0.0)

2009/06/07 ( Sun )  04:45:27 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<旋回ツールで幾何学模様を作る | ホーム | font-family:sans-serif;でIEだけフォントが違って見える>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/53-3e62bbfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。