スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

「パスの削除」の注意点

前エントリーで「余分なポイント」で選択されるものをメモしたが、今回は「パスの削除」で消えるもののメモ。バージョンはv10,CS2~CS4(CSは身近に無いので確認していない)。
Illustratorには選択メニューから「余分なポイント」を選択する機能とは別にオブジェクトメニューに「パスの削除」の機能がある。このメニューは「余分なポイント」「塗りのないオブジェクト」「空のテキストパス」とオプションが選択できるが、こちらも「余分なポイント」を選択と同様、バージョンによって削除されるものが違うのでメモ。
「パスの削除」は実行するとこれらに該当するオブジェクトがいきなり消える。そのため、何が削除されたか、削除してもいいものだったのかどうか確認できない。そこがかなり危険なメニューだと思っているので、ほとんど使ったことはない。が、実行しても元に戻れるので、実行して消えるものがあるかないかのチェックには使えると思うが、本当に使えそうかどうなのかを確認するためのメモ。

まあ、とりあえず、何が削除されるのかのテスト用に適当に余分なものと必要なものをセット。これは前エントリーのセットに通常のパスを追加したもの(2行目)。前エントリーの「余分なポイント」を選択の時には、孤立点ではないパスは色なしでも選択されなかったので入れてなかったが、今回は削除対象に入るので追加。それ以外は同じ。

[画像: テスト用]


オブジェクトをアウトライン表示する、制御文字を表示するとそれぞれこう↓

[画像: テスト用、アウトライン表示]  [画像: テスト用、制御文字を表示]


[オブジェクト→パス→パスの削除]を実行をするとオプション表示が出る。

[画像: パスの削除のオプション]

それぞれのバージョンで、各オプションを単独で実行しバージョンごとにオプション3種類をまとめたのが以下。消える箇所が色つき。2種類以上で削除対象になっているものは混色にした。CS3,CS4の混色だけ凡例がちょっと違うので注意。

Illustrator10で[オブジェクト→パス→パスの削除]を実行した結果のまとめ。
[画像: まとめ-10]

IllustratorCS2で[オブジェクト→パス→パスの削除]を実行した結果のまとめ。
[画像: まとめ-CS2]

IllustratorCS3,CS4で[オブジェクト→パス→パスの削除]を実行した結果のまとめ。
[画像: まとめ-CS3,CS4]

以下詳細


詳細:v10の場合

v10の「パスの削除」で削除されるものはオプション別で以下のとおり。

[画像: 10の「余分なポイント」]  [画像: 10の「塗りのないオブジェクト」]  [画像: 10の「空のテキストパス」]

10の場合、全てのオプションで中身のないマスクは削除される。マスクの中身がないマスクオブジェクトであることに気づかず色を付けておいたらうっかり削除してしまう。(これは、マスクに色付ける方が悪いといえばそうだが…)
「余分なポイント」では、ブラシで色があっても孤立点なら削除される。
「塗りのないオブジェクト」ではテキストパスやテキストエリアに色が付いていても文字が入っていなければ削除対象。文字そのものに色がなければ(文字ツールで文字をドラックして選択したとき色がない状態)、アピアランスで色が与えてあっても削除対象。これは必要なものが削除される可能性がある。
「空のテキストパス」オプションでは半角スペースは削除されるが、全角スペースは削除されない。これは削除して欲しいものが削除されないパターン。スペースが2字以上続いているだけの時も同じで、先頭のスペースの種類によって削除されるかどうか決まるようだ。「  」(全角+半角+半角+半角)は残るし、「   」(半角+全角+半角+半角)は削除される。テキストパス・エリアに色が付いていても文字が入っていなければ削除対象。

そして、パスのアピアランスで複数の色が付いているオブジェクトについては特記がある。孤立点でも通常のパスでも、アピアランスで塗りや線が複数設定されていると、最後に選択した状態によって消えたり消えなかったりする。v10,CS2で確認。(CS3,CS4は選択した状態は関係ない)。

具体的にはこんな具合。通常は選択するとアピアランスパレットではこう↓なっている。

[画像: パスのアピアランス設定1]

この状態で[オブジェクト→パス→パスの削除]でオプション「塗りのないオブジェクト」にチェックして実行すると、このパスは削除される。

しかし、アピアランスパレットで色の付いている要素をクリックするとアクティブになって青背景になるのだが、こうなっていると消えない。

[画像: パスのアピアランス設定2]

↑この状態の直後には[パスの削除]でオプション「塗りのないオブジェクト」にチェックして実行しても、このパスは残る。選択を解除しても、同じように消えない。選択解除の後、他のオブジェクトを作成したり編集すると消えるようになるようだ。

…という、なんとも玉虫色な結果が起こる。これにも注意が必要。


で。実は、ここまでは、画像要素とある条件を満たすクリッピングマスクがドキュメント(書類)内にない場合の話。
[オブジェクト→パス→パスの削除]では、クリッピングマスクしてある画像が消えたり、逆に消えなきゃいけない孤立点が消えないこともある。これは大きな問題で、消えてしまったことに気づかないと一大事になる。(この件に関しては別エントリーで。)


詳細:CS2の場合

CS2の「パスの削除」で削除されるものはオプション別で以下のとおり。

[画像: CS2の「余分なポイント」]  [画像: CS2の「塗りのないオブジェクト」]  [画像: CS2の「空のテキストパス」]

CS2の場合もv10と同様、全てのオプションで中身のないマスクは削除される。
「余分なポイント」では、ブラシで色があっても孤立点なら削除される。
「塗りのないオブジェクト」ではテキストパスに色が付いていても文字が入っていなければ削除対象というのはv10と同じだが、文字そのものは色なしでもアピアランスで色が与えてあれば削除されなくなった。
「空のテキストパス」オプションでは半角スペース、全角スペース共に削除対象になった。

ここで、v10のときと同様に、パスのアピアランスで複数の色が付いているオブジェクトについては特記がある。孤立点でも通常のパスでも、アピアランスで塗りや線が複数設定されていると、最後に選択した状態によって消えたり消えなかったりする。v10,CS2で確認。詳細は↑v10の項参照。

そしてまた、v10のときと同様に、[オブジェクト→パス→パスの削除]では、クリッピングマスクしてある画像が消えたり、逆に消えなきゃいけない孤立点が消えないこともある。これは大きな問題で、消えてしまったことに気づかないと一大事になる。(この件に関しては別エントリーで。)


詳細:CS3,CS4の場合

CS3,CS4はテストでは同じ結果だった。「パスの削除」で削除されるものはオプション別で以下のとおり。

56_cs34yo_14s.png  [画像: CS3,CS4の「塗りのないオブジェクト」]  [画像: CS3,CS4の「空のテキストパス」]

CS3,CS4では見た目に色があるものは削除されなくなったらしい。中身のないマスクも色が付いていれば残る。
「余分なポイント」では、ブラシで色があっても孤立点なら削除される。
「塗りのないオブジェクト」で消えるものはずいぶん減り、テキストはどれも削除されなくなったようだ。v10,CS2であったアピアランスで塗りや線が複数設定されているものが削除されたりされなかったりした玉虫現象も、削除されない方で落ち着いたらしい。
「空のテキストパス」では空のテキストパス・エリアでも色が付いていれば削除されなくなった。

そしてCS3以降は、クリッピングマスクしてある画像などがあっても関係ないようだし、消えることもなさそう。(これは一安心。)


まとめ


CS2までは、闇雲に「パスの削除」を行うのは避けた方がよい。削除されるものがあるかないかのチェック程度になら使えるかも。(ただ、何か消えたとして何が消えたのかを探すのはちょっと大変そうだ。)
CS3以降は選択メニューの「余分なポイント」より具合がよさそうだ。(とは言っても、もう少し使い込まないと断言しにくけど。でも試しても良いかなというレベルにはなった。)
印刷屋によっては客から受取ったデータのチェックに「パスの削除」を行うという手順がマニュアル化されているところもあるようなので、特に気をつけて欲しい―というかCS2以前のバージョンではやらないで欲しいけど、普通に孤立点を削除しないデータ作成者も多いのが現実だろうから、やらないのも問題がでるのかも…むつかしいな。

(XP Illustrator 10.0.3,12.0.1,13.0.3,14.0.0)


-2009.10.26追記-

関連>「パスの削除」の注意点 画像が消えたり不要な点が消えなかったり
2009/09/05 ( Sat )  23:58:11 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<画像の埋め込みでグループ化する形式としない形式 | ホーム | 「余分なポイント」を選択の注意点>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/56-66b0a288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。