スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

CS4で複合シェイプをクリッピングマスクにする不都合

IllustratorCS4で複合シェイプをクリッピングマスクにすると、選択した時にパス形状が全く表示されない。
このオブジェクトだけ表示メニューから「境界線を隠す」にした状態と同じになる。バウンディングボックスしか見えない。バウンディングボックスを隠しておくと、一見、選択してるんだかしてないんだか分からないというか、選択できないように見えてしまう。もちろん見えないだけで選択されているし、レイヤーパネルや透明パネル、アピアランスパネル等を見れば選択していることは分かるのだけど、やりにくいし、分かりにくい。ダイレクト選択ツールで個々のパスを選択する分には表示されるが、クリッピングマスクのグループ全体を選択すると見えなくなる。
例えばこんな具合。
パスを2つ準備。
[画像: パスを2つ準備]
複合シェイプを作成。(CS4からはパスファインダパネルでAlt(MacはOption)を押しながらでシェイプになる)
[画像: 複合シェイプを作成]
複合シェイプの後ろにクリップしたいものを配置して、
[画像: 後ろにクリップしたいものを配置]
クリッピングマスクを作成すると、複合シェイプの形状を包括するバウンディングボックスだけしか見えなくなる。
[画像: クリッピングマスクを作成]

Photoshop側でクリッピングパスを設定したPSD画像を埋め込むと、まさにこの状態になるので、選択が見えない。(前エントリーのテスト中に気づいた。)
クリッピングパスを設定したPSD画像をリンク配置するとこう。
[画像: PSD画像をリンク配置]
そのPSD画像を埋め込みするとこのようにバウンディングボックスしか見えなくなる。
[画像: 埋め込みすると見えなくなる]
複合シェイプだけを選択してパスファインダパネルで「拡張」すれば、単なるクリッピングマスクになるので、マスクの形状が表示されるようになる。(マスクされているオブジェクトが選択されているように見えないのはCS4からの仕様。)
[画像: 複合シェイプを「拡張」すれば見える]

上記のような現象は、CS4だけ。つまり、CS4の新機能としてクリップされたオブジェクトを不用意に触らないようになって、マスクオブジェクトを選択したときには、クリッピングマスクのパス形状だけの選択が表示される状態になるんだが(いや、これは便利よ)、その肝心のマスクが複合シェイプの場合には「マスクなんだけど、そのパス自体はマスクグループの中の1部品」的な扱いで表示されないのだと思う。複合シェイプを拡張すれば見えるようになるんだけど…。これは何とかして欲しいな。分かっていればやりにくいなってだけだけど、普通はそんなこと意識してないから「以前のバージョンで作ったデータをCS4で開いたら、選択できなくなった」なんて勘違いもあるのでは?

関連:IllustratorCS4 ヘルプの新機能
「シンプルになったクリッピングマスクの外観とアクセス」

http://help.adobe.com/ja_JP/Illustrator/14.0/WS844B9E0F-CF5E-4f86-BDE4-B60956986A6Fa.html

(XP,Vista,MacOS10.4.11 Illustrator 14.0.0)
2009/09/19 ( Sat )  11:46:43 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「パスの削除」の注意点 画像が消えたり不要な点が消えなかったり | ホーム | 画像の埋め込みでグループ化する形式としない形式>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/58-33aa5cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。