スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

スウォッチに関するトラブル

MapInfo Professionalから作られたPDFをIllustrator9で開こうとすると、文字データが消失してしまうので、10で開けて作業していた。
MapInfo ProfessionalはGIS系のソフトで、そこから作られたPDFはベクターになっている。元のMapInfoデータを忠実に再現は出来ていないが、(アンカーポイントの位置など。拡大してみると結構ひどくゆがんでいる。書き出しの設定かもしれないが不明。)まあ、出力されたものを肉眼で見る分には、許容範囲(?)。
そのデータから印刷用データをIllustratorで作るという作業をしていた。

ところが、10で開くと消失する部分を持っているファイルがあった。それをCS2で開けてみたところ、うまく読み込めたので、しめしめ、と10形式で保存して10で開こうとした。(この仕事は、10で作業していたので。)

ところが、メモリー不足で開けない、とエラーが出るのだ。PCを再起動してみても、始めからやり直してみてもダメ。10形式で保存したファイルは10でもCS2でも開けないファイルになってしまっていた。

CS2でPDFを開いて、CS2形式で保存・閉じて、CS2で開くのには問題がない。時間もかからない。しかし、10形式で保存したが最後、開けないファイルになってしまう。10形式で保存するのは時間もかかる。
ガンは明らかに10でPDFを開けたときに消失したデータのはず。
問題の部分はパターンスウォッチが適用されたパスをクリッピングマスクしてあるもの。これの何がいけないのか…。


結論。ガンデータのパターンスウォッチは画像と面に色が付いたパスから出来ていた。この画像を使ったパターンスウォッチは10では仕様外のため、分解される。しかし、あまりにもパターンが細かかったため、分解されたデータは半端ない数に膨れ上がっており、それが開く際の障害となっていたのだった。

やはりバージョンを落とす際には、内容をよく確認して旧バージョンで使われていない機能があるときは要注意だな、と思った。
(Illustrator 10.0.3,12.0.1 MapInfo)
2007/09/17 ( Mon )  20:08:56 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<保存できなくなったときの対処 | ホーム | メッシュツール→普通のパス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/6-801bc2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。