スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- ( -- )  --:--:-- | スポンサー広告 | page top↑

Illustrator CS5の矢印と、CS4までの矢印

CS5で“機能強化”された矢印について。
CS5では矢印は「線」パネルで設定するようになった。「効果」メニューからは外されている。

CS5の矢印はWebでも既にあちこちのページで紹介されているが、

  • 矢印の種類が増えた。
  • 線の先端に鏃を合わせられるようになった。
  • 始点と終点の大きさも個別に設定できるようになった(CS4までもアピアランスで線を増やせばできたのだけど、単純ではなかったし)。
  • 始点と終点の形を入れ替えるのもボタンひとつ。(パスそのものの向きは変更されない)

さらに、

  • 自分的にネックになっていたオーバープリントの問題 ― 線にオーバープリント設定をしても鏃には反映されず、アピアランス分割して対応するか透明機能で代用するしかなかった ― も解決している。
  • オリジナルの形状を作って追加するのも可能になった。追加するとプルダウンから選べるようになり、その形状を使って作ったファイルを別のPC(もちろん同じ形は追加していない)で開いても問題なく使える。(登録していないPCではプルダウンには表示されないけど、アピアランスのままだし、分割もできる。アピアランスをコピーして使いまわすのは可能。)

後半2項目はかなり嬉しい。オリジナルの形状はブラシでもできるから前からできたのではって? いえいえ、オーバープリントはONで登録すれば常にON状態だし、OFFで登録すると常にOFFだけど、CS5の矢印は違う。それぞれの線のオーバープリント設定と連動してくれるのだ。もちろん線の端に始点を合わせる等、CS5矢印の便利な特徴も使える。
画像でメモするとこう。
線の先端に鏃を合わせられるようになった。
[画像: 線の先端に鏃を合わせられる]


始点と終点の大きさも個別に設定できるようになった。
[画像: 始点と終点の大きさも個別に設定できる]


始点と終点の形を入れ替えるのもボタンひとつ。パスそのものの向きは変更されないで形状と倍率が入れ替わる。
[画像: 始点と終点の形を入れ替え-前]
 
[画像: 始点と終点の形を入れ替え-後]


[矢の先端をパスの終点に配置]が基本だが、CS4以前と同じように[矢の先端をパスの終点から配置]にすることも可能。
[画像: 矢の先端をパスの終点に配置]
↑↓どちらもできる。
[画像: 矢の先端をパスの終点から配置]

形状もこんな感じで増えている。
[画像: 増えた矢印形状]



オーバープリントについて。CS4までの効果の矢印はこうだった。
[画像: CS4の矢印-オーバープリントOFF]
↓オーバープリントは線だけに反映されてしまう。
[画像: CS4の矢印-オーバープリントON]


CS5ではこのようにうまくなっている。
[画像: CS5の矢印-オーバープリントOFF]
↓ちゃんと鏃までオーバープリントが反映される。
[画像: CS5の矢印-オーバープリントON]


オリジナルの形状を作って追加するのも可能。Adobeのページで公開されているエッセンシャルガイドとヘルプのどちらにも書いてあるのだけど、どのファイルを更新するかでちょっと違っている。

活用ガイド 2.線の表現力 - Adobe
http://www.adobe.com/jp/joc/design/guides/egcs5_ai/aics5_02_2.html

Macの場合は、アプリケーションフォルダに入っている「Adobe Illustrator CS5.app」を右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択し内容を表示し、Required>Resources>ja_JPと開きます。そして最後に「ja_JP」フォルダ内の「矢印.ai」ファイルを開きます。
Windows(32bit版)の場合は、下記フォルダの「矢印.ai」ファイルを開きます。
C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CS5\Support Files\Required\Resources\ja_JP
(中略)
シンボルに登録できたらファイルを保存します。 Windowsの場合は、アクセス権の関係で開いたファイルを上書き保存できない場合もあります。その場合は、一度他のフォルダに保存してから、上書きコピーしてください。


Adobe IllustratorCS5のヘルプ - オブジェクトに対する線の適用
http://help.adobe.com/ja_JP/illustrator/cs/using/
WSA1E31D7D-13E6-41ac-AA8C-4AD129B9FC1Ca.html


矢印のカスタマイズ

カスタム矢印を定義するには、ShowPackageContent/Required/Resources/<ロケール>/ (Mac OS の場合)および \Support Files\Required\Resources\<ロケール>\ (Windowsの場合)にある Arrowheads.ai ファイルを開きます。ファイルの説明に従ってカスタム矢印を作成します。

更新した Arrowheads.ai ファイルは、\Plug-ins\ に配置してください。既存の Arrowheads.ai ファイルと置換しないようにしてください。


…ということで開くファイルと、それを上書きするか更新したファイルを別の場所に置くかで違っている。
WinXPで確認するとファイルは「矢印.ai」が入っている。実際に試してみたところ、このファイルを上書きしてもできたし、プラグイン(C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CS5\Plug-ins)に更新した「矢印.ai」を置いてもできたのでどちらでもいいと思うけど、ヘルプにあるように上書きはしない方が安全な気がするのでプラグインフォルダに更新した「矢印.ai」を別に保存するのがいいと思う。

また、活用ガイドには「コピーして、シンボルとのリンクを解除してからカスタマイズすると効率的です。」とあり、「矢印.ai」の説明には「独自の矢印をデザインする場合の最も簡単な方法は、プリセットの矢印をコピーして編集することです。」とある。
どういう手順でも最終的にシンボルに登録されてりゃかまわないのだろうだけど、CS5からは「シンボルとのリンクを解除」をするとサブレイヤーができたりしてちょっと扱いにくいので(前エントリー参照)、登録されているシンボルをコピーして編集モードで変更する作る方が簡単そうだ。

<オリジナル矢印作成手順>

  1. 登録されているシンボルを適当に選びシンボルパネルのメニューから「シンボルを複製」。
    [画像: シンボルを複製]

  2. 新しく増やしたシンボルのシンボルオプションを開き名前を変更。(名前を変更する必要がなければこの手順は不要。)
    [画像: シンボルオプションを開く]
    [画像: シンボルオプションで名前を変更]

  3. シンボルをダブルクリックでシンボルの編集モードに入って編集する。一番下に色無しの枠(プルダウン表示時の外枠のあたり)下から二番目に黒線(1ptの黒線。長さは決まってない。作成した形状に対してどこから線が始まるのかのあたり)その上に鏃の形状のパス(グレースケールのKで作成。面で作成。)という順序になればよいようだ。鏃形状は複数のパスやオブジェクトで作ってあっても、とにかく面で作成されていればかまわないようだ。
    [画像: 矢印形状を編集]

  4. 完成したらWinの場合C:\Program Files\Adobe\Adobe Illustrator CS5\Plug-ins に「矢印.ai」の名前で保存。

  5. 一旦Illustratorを終了、再度起動すると、線パネルのプルダウンから作った形状が選べるようになっている。
    [画像: 線パネルのプルダウンから作った形状が選べる]
    [画像: オリジナル形状を適用した矢印]


上にも書いたが、この形状を使って作った矢印を含むファイルを別のPC(もちろん同じ形は追加していない)で開いても問題なく使える。登録していないPCではプルダウンには表示されないけど、適用されている線ではアピアランスのままだし、アピアランス分割もできる。適用されている線のアピアランスをコピーすれば別のパスに使うことも可能なので大きな支障はない。


と、いう具合にCS5の矢印はすごいのだけど、つまりCS4までとはどうやらメカニズムが違うので、下位バージョン形式でファイルを保存すると問答無用で分割されてしまう。(つまり見た目は変わらない。アピアランス分割するのと同じ。)

ちなみにこれもアピアランス属性なので、アピアランスパネルメニューの「新規アートに基本アピアランスを適用」にチェックがついていると、新しくパスを描くたびに矢印はなくなる。(ので、それがイヤならチェックをはずす。)

(XP Illustrator 15.0.1)



…ん? じゃあ、CS4までの効果の矢印ってどうなったの?

というわけでテストしてみた結果。
CS4で効果メニューから作った矢印を保存してCS5でそのファイルを開くと、データはちゃんとアピアランスのままで、CS5でもアピアランスパネルの「矢印にする」をダブルクリックで形状やサイズを調整可能。そのまま下位バージョンで保存しても大丈夫だし、そのファイルを下位バージョンで開いてみてもアピアランスのままで問題ない。CS5の効果メニューから消えているけど、裏では生きているらしい。(考えてみれば当然か。)

但し、CS5の効果メニューからは消えているので、下位バージョンで作ったファイルからコピーしてくるか、下位バージョンでグラフィックスタイルに登録しておいてスタイルを読み込んで適用する等の対応しかできないようだ。でも逆にいえば、上の手順で対応できるので、CS4以前のバージョンと互換のある矢印効果を使いたいときにはそのような方法をとればいい。もちろん中身はCS4までのままなので形状も増えてはないし、始点と終点の大きさは同時にしか変えられないし、鏃には線のオーバープリントは反映されないけど、それでもそちらが良ければCS5でも使えないわけではない。
(もうひとつ。v10形式での保存の場合はv10の効果矢印のパスの「塗り」に色が無くても白い鏃ができる不具合があり、CS5で見たときになんともなくてもv10で開くと見えるようになるので適用の仕方にも注意が必要。≫効果メニューの矢印の特徴

(XP Illustrator 10.0.3,12.0.1,14.0.0,15.0.1)
2010/08/22 ( Sun )  20:49:19 | Illustrator | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<角の比率と、その初期値 | ホーム | IllustratorCS5の「シンボルへのリンクを解除」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chiruchirupon.blog119.fc2.com/tb.php/63-02dfe5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。